鈴瑚飴について。

2017/05/10(Wed) 12:55
お絵らいふ


*この記事の画像はクリックすると全て大きく表示されます*

鈴瑚 たぶん初めて描きました。
九月のパンプキン聴いていたら描きたくなってしまって…
ペールトーン? でしたっけ
最近これくらいの薄ーい色で塗るのがマイブームです。

色々落ち着いてきたところで大逆転の感想綴りでも…
2話はまあ 展開は知ってました。
亜双義くんが被害者になってしまうなんて><
それもそれなりに辛いのに、事件までの経緯が報われないというか
まさか いわゆる事故ではないですか…
もっとスケールの大きな事件だと思っていたために 妙な衝撃です。
立派な玉手箱を空けたら入っていたのが米粒一つだったかのような、、

複雑な表現だけど
作品としては まだ殺意を持って行われた事件のほうが
被害者もまたキャラクターとして報われるというか
胸の収まり処があって 平和なんだなあと思ったのでした。
何の動機もなければ殺意もなく起こりうってしまった出来事として
被害者が生まれるというのは誠にキャラクターとして悲しい事…悲しい事でございます。


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 駆け走る幻想へ。, all rights reserved.
Calendar
10 | 2017/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Page up▲